生きてるだけで、ワーイ

鳴門煉煉(naruto_nerineri)の日記

運動会

 

 5月25日土曜日。晴れ。

 7時頃起床。シャワー浴びてから朝食。納豆卵かけご飯、梅干し。居間にだけ掃除機かける。流しに溜まった洗い物を片付け、コンロ周りの油汚れを拭く。

 9時半過ぎ自転車で出る。日差しはあるものの案外冷える。小学校の運動会へ。マカロニえんぴつの曲がアレンジされたやつが校庭に流れていた。窓には「あか 188」「しろ 184」と掲示してあり接戦の様子。1年生の玉入れを眺めながら、いよいよ自分も、自分のではない子の運動会を見に行くような人間になってしまったかと思うと感慨深い。なりたかった大人に、なれている気がしないでもない。

 赤組のベンチの後ろでかおりさんと落ち合う。パン屋で働いていた時に仲良くなった。「STAR WARS」と胸に書かれたTシャツを着たあだちさん(旦那)現れる。「徒競走1位だった」と自慢する両親。ビデオ撮影したゆらちゃんの走りを見せてもらう。すごい速さで、最後流していた。別にクラブに通ってるわけでなく「鬼ごっこで鍛えた脚力」とのことでかっこいい。

 5、6年生の綱引き。自分は綱引きけっこう好きなので、「ちくしょうばかたれ、もっと上体倒せ!」とか野次を飛ばす。自分の頃は騎馬戦だった。あの、暴力が許されて称賛すら浴びている感じがとても好きだった。小学生の頃まではまともだった。

 6年生が小学校生活の集大成を表現する、宇崎竜童による名曲『ダンスNE・BU・TA』に心沸き立つ。かおりさんといっしょに踊って楽しい。自分はこれを真剣に踊ることをかっこいいと思っていたが、ゆらちゃんは見ているだけで恥ずかしいという。まあ、井森美幸みたいな動きはTikTokじゃ流行らないだろうし。

 いよいよ3年生のリレー。「予行練習も見て確認したから」と、ゆらちゃんの走りがよく見えるという位置へ駆けるかおりさんとあだちさんの後を追いながら、かっこいい親だな、と思う。始まってみるとまったく反対の位置だった。視力だけが取り柄でよかった。3年生は今年初めて棒のバトンを使うようになった(低学年の頃は、輪っかのバトンだった)ので慣れておらず、バトンをもらう方の腕がとんでもなく高い位置にあり、みな永野のような姿勢だった。ゆらちゃんの所属する赤組は、途中バトンを落としたりもしたがただひたすらに足が速いので勝った。かっこいい。

 「来ましたよ……」とほしが現れてちょうど全競技が終わる。結果は20点ほどの差で白組が優勝、赤組は準優勝だった。こういうのは結果じゃねんだいな、と小学生で悟るのはなかなか難しいけれども。

 はしごに登って国旗を下ろすあの用務員のおじさんはバンドマンだという。今時の運動会はお弁当を挟むことなく12時前解散。自転車でニュー北京へ。五目ラーメンおいしい。ほしの注文したバラ焼き定食もうまかった。 のれんがやたらでかい。

 畑へ。水撒く。風除けの袋のために差していた支柱を抜いた。パプリカに白い花がついたが、このまま実を成らせると全体が成長しないので切らないといけないらしい。これを人間に置き換えると……と思いかけてやめる。

 C&Yへ。ケーキ屋。ゆらちゃんに労いのお菓子を見繕う。いちごのドーナツ、レモンのドーナツ買う。そのまますぐそばのマエダストアへ。ほしがあだちさんのためにめざし買う。

 13時頃帰宅。本読んでたらそのまま15時頃まで眠ってしまう。18時頃に配達してもらう予定の柴田聡子のレコード。ほしが配達業者に宛てて手紙を書き、玄関に貼る。

 16時半頃自転車で出る。新しい駅ビルの連絡通路であだち一家と落ち合う。長島の焼き鳥屋はまちゃんに行くことに決め、ベスコン(ベスト・コンディション)でビールを飲む番組みたいになりながら歩く。酒のヨシダ(吉田屋というとややこしくなる)で角打ちできるらしく通りがけにみんなで覗き込む。

 はまちゃん初めて。飲み物を自分で注いでよく、初めてビールサーバーを触ってうれしい。「早い、まだ傾けて」とか「はい、泡」とかあだちさんの指導が入る。ゆらちゃんはカルピス。テレビで大相撲を見ながら飲めるのでよかった。琴櫻と阿炎の一戦で「あー」とか大きな声出す。晩酌セットのめかぶ、冷奴、焼き鳥盛り合わせ。焼きそば、つくね、卵焼き。どれもおいしかったがとくに焼きそば。スマホのアプリを使ってゆらちゃん、かおりさんと視力検査をして楽しい。自分とほしは視力がいいのでこんな甘っちょろい検査では物足りなく、民族用とかのアプリを開発してもらいたい。カシス作ってる林さん。

 混んできたので次の店を探しに出る。「青森で一番高い寿司屋だ」と天ふじの前を通り過ぎる。小学校から高校まで同じだった友人が大学時代にここでバイトしていたそうだが、「賄いの寿司を食べたら今まで食べてきた寿司が寿司ではなかったことに気づかされた」と言っていた。そして客のほとんどは医者だった、と。

 沖縄料理屋のニーニーを目指して歩くもやっておらず。「ま、今日は運動会だから!」と潔く諦めてふたたび歩く。住宅街を大きな声で話しながら歩いてゆらちゃんからお叱りを受けた。長島小学校の立派な遊具。あけぼの寿司だかなんだか。巨大な「竹駒」の文字が付されたアパートに一同興奮する。古川まで出、源ちゃんラーメン覗くも5人で押しかけると源ちゃんの腕がふたたび故障しかねるので友楽へ。ここも満席。ハイボール、レバニラ炒め、唐揚げ、餃子。とてもおいしい。何を話したかまったく覚えていないけど。

 21時半過ぎ、友楽の前で手を振って別れる。楽しかった。月が「竹駒」の文字くらい大きい。帰宅し、無事置き配してもらったレコードを持って歩いて出る。月を見るため中央大橋を登るも見えず。手すりによじ登ったらよく見えた。「NABE」のオブジェがある窓辺。帰宅し、シャワー浴びずに布団に入る。喧嘩してから就寝。