生きてるだけで、ワーイ

鳴門煉煉(naruto_nerineri)

すいか

 

f:id:gmkss:20200728220518j:image

 

 すいすいと泳いできてとうとう七月も尾っぽである。雨の予報はすっかりはずれ、今朝の土は乾いていたから、外に植えている野菜の苗に水を撒いた。もうじき、トマトの実が次々はじける頃で、日々、その明るさを眺めていると、あらゆるものに感謝したくなる。
 さて、昼時、めしを食っていると、
 「すいかに、めろんめろんに、すいか………。」
 遠くから、声がする。それは、間の抜けた感じで、特別騒がしいということもなく、のろのろ繰り返すのである。すると、窓の外に、のろのろ大きなトラックがやってきて、お向かいさんの家の前でぴったり停まった。その色は、八百屋のトラックとしか言いようのない青色で、たいへん潔い。
 運転席から降りてきたのは、日によく焼けた肌のお爺さんで、緑の幌が掛かった荷台へ、ひょいと上がっていった。それから間もなく、お向かいさんが玄関から出てきて、お爺さんとなにやら愉しそうに話し込んでいる。荷台は幌で覆われているので、中の様子は見えないが、お向かいさんが手を伸ばし、お爺さんから何かを受け取ったらしいところは見た。もぐもぐ顎を動かして、ふたたび談笑。なるほど、味見というわけか。お向かいさんが、大きなすいかを抱えて家に引っ込んだので、たまらず、財布を握って外へ出た。
 「どうも、こんにちは。」
 「すいか、買ってちょうだい。」
 荷台の中を覗いてみておどろいた。まるで、畑をそっくりそのまま積んできたように、ごろごろすいかが転がっているのである。壁に水色の緩衝材が敷かれていたので、それが青空にも見えて、よかった。縞の模様を眺めていると、こちらがぐらぐら酔ってしまいそうで、目がちかちかする。赤い果肉の剥き出しに、包丁が突き刺さっているのがあって、
 「ほれ。」
 お爺さんは、包丁を握った手をぐるりとひねり、すいかのまんなかを抉った。包丁ごとよこしたので、それは、山賊の食い物みたいで格好がよかった。刃から引っこ抜いて食ったすいかには、格別のうまさがあったからまたおどろいた。ずっと荷台に置いてあるので冷えてはいないのだけれど、それでも十分うまい。溶けない薄氷を食っているみたいである。甘い汁をぽとぽと垂らしてにこにこしていたら、
 「すいか、好きか。」
 お爺さんは、荷台の奥から、すいかを転がしながら言った。好きだと答えたら、うまいのをひとつ選んでくれた。本当は、どれもうまいすいかに違いないのだけれど、この時間がうれしかった。
 さっそく台所で一切れ食った。もちろんうまい。お爺さんからもらったあのすいかの味には到底敵わないが、不思議ではない。ものを買うのは、愉しいことである。