生きてるだけで、ワーイ

鳴門煉煉(naruto_nerineri)の日記

という態度を貫きたい

鏡に映る自分を見て、母親に似ている瞬間を見つけることが多くなった 顔のことなのか、表情のことなのか おそらくは表情のことで けれどそれは一瞬のことで 次の一瞬にはまた私に戻っている かばんの中の鍵を手で探るように、わかりにくさの中から尊敬できる…

窓を持ち歩く

2024年2月28日 ここに書き付けることをもう誰も読まなくていい。ニュー北京という名前の中華屋の外壁。かぼちゃを店頭に見つけても自らすすんで手に取ることはない。2016年を思い出すことはもうできない。思い出すことができたとして、それはまったく新しい2…

「はなかり市」終了いたしました

11月4日土曜日、青森市新町和田ビル2階「プラスえん」にて、第一回目となる一箱古本市「はなかり市」を開催いたしました。ご来場いただいたみなさま、関係者のみなさまに、4枚切りのトーストほどの厚い御礼を申し上げます。ほんとうに、ありがとうございまし…

ただ忘れっぽいだけで天使ではない

10月15日日曜日。 7時頃起床。前の勤め先であるパン屋で買って冷凍していたくるみのロデヴ、バゲット2切れ。アボカドとトマトのサラダ、スクランブルエッグ、ベーコン、サラダ、家主からもらったりんご。 食べ終えた食器を片して台所周りの拭き掃除。アパー…

1日1回だからがんばるんだろうがよ

10月14日土曜日。 9時過ぎ起床。今日から青森県立美術館で始まる奈良美智展で『あおもり犬』と『森の子』をそれぞれモチーフにしたスノードームが販売されるらしい。寝呆けたままで「まる」と返信した。 賞味期限が昨日で切れた牛乳、日東紅茶の青い箱の紅茶…

Ego sum cogitans

10月13日金曜日。 7時半起床。白米、サラダ、くらし良好のたまごスープ、昨日余り物で作った野菜と肉の炒め煮、納豆、オクラを茹でて刻んだやつ。食べ終えた皿を流しに置いたまま出る。 9時40分から勤め。ひどく手に汗をかき何度もティッシュでパソコン周り…

永久に失ってもいいと思えるものが君にはあるか

10月12日木曜日。 6時58分頃起床。二度寝をしたとて私は7時前には起床したのだ、ということを自分に言い聞かせるためにこうして書くのだ、ということを自分は惨めに感じているのだ、というところまで記しておく。 朝食に白米、サラダ、おでんの残り、納豆、…

落第生

10月11日水曜日。 6時50分頃起床。冷凍した炊き込みご飯、サラダ、ぶなしめじと油あげとネギの味噌汁、赤ピーマンと黄パプリカによって共産主義を感じさせる青椒的某の残り。洗濯物を干して窓を開ける。台所周りの拭き掃除。プラスチックごみの日。 9時40分…

全部やる

10月10日火曜日。 雨。朝起きられず。7時15分頃起床。栗ときのこの炊き込みご飯、秋鮭と根菜のサラダ。掃除機かける。資源ごみの日。 9時30分から勤め。びんづめ のあいじょ うことチ オビタド リンクを注入。郷ひろみの仙台公演で座席のトラブルがあったら…

書きたいけれど書くことができないのです

10月7日土曜日。 「いちばんよいことは、その日その日の出来事を書き止めておくことであろう。はっきり理解するために日記をつけること。取るに足らぬことのようでも、そのニュアンスを、小さな事実を、見逃さないこと。そして時に分類してみること。どうい…

hard work, nerd walk

9月26日火曜日。 風邪を引いて会社を休んだ。弱っているのは体より気の方だけど。 今年の頭、アスパム3階のヤングハローワークに通っていた。冬の晴れた陸奥湾を眺めながら数人のキャリアカウンセラーと何度か話した。彼らは私の話すこと全てを肯定した。仕…

一箱古本市「はなかり市」

一箱古本市「はなかり市」 一箱古本市は、2005年に東京・谷根千で始まった「不忍ブックストリート」以降、全国各地で開催されています。 この「はなかり市」は、今回が第1回目の開催となります。誰でも本屋さんになれる1日です。今回は10ものお店が集まりま…

齧って待つ

8月17日木曜日。 6時45分、ほしのスマートフォンから折坂悠太の『光』。ギターの2音目が鳴ったところでほしが止める。 ご飯、しめじとねぎと油揚げの味噌汁、サラダ、昨日の残りの肉じゃが、メンチカツ、麻婆茄子、ねぶた漬け。 仙台育英対履正社の試合のよ…

踊りのように美しくはない

8月16日水曜日。 夜中、自分のいびきがあまりにもうるさくて起きた。正確には、そのとき思わず発した「うるさ」という自分の声で、だが。 6時45分、ほしのスマートフォンから折坂悠太の『光』。「このゲ」でほしが止める。自分のいびきも折坂悠太の歌声だっ…

雑記

「美しき青きドナウ」が「青き美しきドナウ」でないことは英文法の法則によるので日本語で言い表すならば後者でも差し支えないのだが、そもそもこのように単純な形容詞を二つ重ねられてドナウの方もよく黙っていられるな、とはべつに思わない。調べてみると…

イウビン

2月20日火曜日。 相原さんからもらったドーナツおいしい。ミスタードーナツとかクリスピークリームドーナツとかじゃなくて大袋に個包装でたくさん入ってるような、小さくて、ぎとぎとしていて、甘いやつ。こないだ「菓子の類ではチョコレートがいちばん好き…

はつなつのかぜとなりたや

2月12日日曜日。休み。 ほしさんの実家のある浪岡へ米をもらいに行くも家へ着くと誰もおらず。暖炉の火にあたっていると、帰ってきたほしさんの弟に「こんばんは」と声をかけられた。ほしさんのお母さんがボウルを使ってせっせと米袋から米袋へ米を移す。ほ…

もつけ

2月11日土曜日。 朝・食にツナ・サラダのトースト・サン・ド・イッチ。ほしさんが作ってくれたおいしいやつ。 車で送ってもらって仕事へ。弁当はほしさんが作ってくれたうどんに牛丼の具と卵を混ぜたおいしいやつ。 17時過ぎ終える。17時半頃ねぶたの家ワ・…

コープ

2月10日金曜日。 そういやまさか中華料理屋でルッキズムに晒されるとは思ってもみなかったな、と思い返していた。 朝、ほしさんよりも早く家を出たのに旭町の地下道で一生懸命に鼻水をかんでいたら古川へ出たところで追い越された。源ちゃんラーメンとこの信…

直角に折れる

2月9日木曜日。 【要注意】こんな人とは関わらない方がいい!10選、みたいなのにもれなく当てはまっている。全裸で寝たら風邪を引き4日間くらい寝込んでいた。『世界は贈与でできている 資本主義の「すきま」を埋める倫理学 / 近内悠太』(ニューズピック)…

ティラミスと山椒

1月14日土曜日。 「明らかに自分の身体ではないものを操縦する違和感」と、車の運転について、高校生の頃に出会った友人が話していた、ような気がする。徒歩は究極の身体性を伴った移動の方法で、故に心地よく、次いで自転車、と私は位置付けている。▷本谷由…

過不足あって過不足ない人間だ、

1月12日木曜日。 おとといカレーを煮ていたら、認知症だった祖父が台所でカレールーを口に入れ咽せていたあの光景を思い出した。11日は祖父の誕生日であり命日だった。自分がその前日にカレールーを手にしていたことは偶然に過ぎないのだけど、過ぎない偶然…

身を削る

1月2日月曜日。休日。 31日と1日は実家(車で10分ほどの距離にある)に帰る。 31日は家族と過ごす。毎年スニーカーで冬を越していたのだが今年ようやく冬用の靴を買った。父が推薦する東京靴流通センター。店員に「防水スプレーはお持ちですか」と尋ねられ、…

チキに吠える

12月24日土曜日。休日。おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に、サンタクロースは街へ買い出しに。 昨日16時過ぎに勤めを終えて外へ出ると空に明るさが残っていて、2年前、佐々木英明さんからもらった葉書に「冬至、きょうから少しずつ、日がな…

明るいよ

12月22日木曜日。 8日ぶりの休日。「夢があるので」と言い残しパン屋を辞めてから1年が過ぎた。 黒く焼け焦げたベーコン。台所の蛇口で髪を濡らして寝癖を直した。埃のたまりやすい床。ひと月かかって飲み終えたにんじんジュースの瓶に、おととい買ってきて…

例えばカーテンを束ねるとか

12月13日火曜日。休日。 昨晩はシャワーを浴びずに眠ってしまった。「クロックムッシュ 作り方」と検索したまま居間の机に伏して。17、18歳の頃、授業中は眠ってばかりだった。受験なんて関係が無かったから。目が覚めるとそばに置いていたiPhoneからNujabes…

もうひとつの土曜日

12月10日土曜日。 7時半過ぎ目が覚める。旭町のデイリーヤマザキで108円で買える食パンに、大野のカブセンターの野菜売り場にあるおつとめ品が乱雑に積まれた白いワゴンから見つけたiPhoneより大きいピーマン、熟れすぎた歯茎のようなトマト、業務スーパーの…

言葉が言えないから理解できないなんて思わないで

12月8日木曜日。 読みかけの本の続きを忘れて。23時、ほしさんがシャワーを浴びている間に居間のテーブルでパソコンを開いてこれを書いてる。寒いからかパソコンがなかなか立ち上がらなかった。 勤め。出張で身体障がい者の支援施設へ行った。身体障がい者手…

祝われる気持ち

12月4日日曜日。休日。昼にうどんを茹でたのをラーメンどんぶりによそってふたりで3玉食べた。にんじんやらごぼうやらなすやら長ねぎやら油揚げやら鶏肉やら具をたくさん入れたやつ。朝食を抜いたからか余計にうまかった。昼食のあとで傑作版画『おしり』の…

小林製薬の糸ようじ

12月1日木曜日。休み。きのう初雪が降って、今朝カーテンを開けたら積雪が3センチくらいあった。台所と風呂場の水漏れがひどいので業者に直してもらっている最中、居間のテーブルでパソコンを開いてこれを書いている。 勤めの日の朝からキャベツの千切りの練…